2010年06月01日

「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日、民主党沖縄県連の喜納昌吉代表らと首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について意見交換した。喜納氏らは同問題の政府対処方針に米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古への移設を明記せず、県外・国外への移設を追求するよう要望。首相は「話は承りました」と答えた。

【関連記事】
「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り
岡田外相「素直に認めないといけない」 普天間5月決着達成できず
普天間めぐり緊密な協議継続で一致 日米防衛相会談
素人同然の地元対策 「悪いようにはしません」
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
虐待が子供に与える「傷」とは?

冬になると一日中真っ暗な町Inuvikに現れた人口太陽(動画あり)
「指導力欠如」「変節大きい」野党、首相批判(読売新聞)
日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相
<社民党>鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定(毎日新聞)
posted by エダ コウサク at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。